肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/05/24

手軽で効果も高いシワ対策といえばやはりパック

手軽で効果も高いシワ対策といえばやはりパックでしょうか。長い一日を終えて、パックで肌を労わってあげる有意義な時間です。

安価で、簡単に作れる手作りパックもあります。市販のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみお肌にのせたら少し休みましょう。冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからおそらくシワにも効果があるでしょう。

ぜひ一度お試しください。コラーゲンの一番有名な効果は美肌に関しての効果です。コラーゲンを摂取することにより、自分の体内にあるコラーゲンの代謝促進が進み、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。

体内のコラーゲンが足りなくなることで肌の老化へと繋がるので若い肌を継続するためにも摂取されることをおすすめします。

冬になるにつれ空気は乾燥していき、それによって肌の水分も奪われます。

肌が乾燥してしまうと肌にトラブルを起こす要因となるのでお手入れが必要です。潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアを手抜きをしないようにしてください。

冬の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。

美白効果を期待して、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモンパックをすることが話題となりましたが、お肌には悪影響しかないので、絶対禁物です。レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミを改善し、美白する効果をレモンでねらうならば、有効なのは食べることです。くすみが気になる原因としては、糖分を摂りすぎていないか考えてください。お菓子でお腹を満たしているとお肌の外側からいくらケアしてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。コラーゲンが糖に反応し、その働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と考えましょう。

お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを持つものではありますけど、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという悩ましい一面があります。

今よりシミが増えたら困るのなら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。顔にシミが出来ないようにするコツは、しっかりと日焼止めを塗ることです。

また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を軽減させる事が重要です。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は使い分けることが大切です。

日々同じやり方で、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえば全く問題ないということはありません。

特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、お肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じにお肌にとって大切なことなのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も使いわけることもスキンケアには必要なのです。

スキンケアで1番大切にしたいのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌を傷つける原因となり保水力を保てなくなります原因となります。肌を傷つけないように優しく洗う丁寧に漱ぐ、大切なことを意識して洗う洗顔を行いましょう。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするためにぜひ食べてほしいものです。みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べるのがおすすめです。顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならなんとかできるものなら、したいものです。シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、対策を怠り、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける役割を果たしています。加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする大事な作用があります。このような働きがお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を果たしています。

ですから、ヨーグルトはシミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、時には病気がきっかけとなる場合もあります。

万が一、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、何らかの病気を予兆していたり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、できればすぐにクリニックへ診察を受けに行ってください。

乾燥した肌の時、肌ケアがとても大切になります。

間違った肌ケアは状態を悪化させるので、適切な方法をわかっておきましょう。第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。皮膚のあぶらが気になるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと肌が水分を失ってしまいます。

反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝1回夜1回で十分です。水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後の潤いを逃がさないようにする手入れを間違いなく行うことで、改めることが可能です。

日々化粧をしている方は、メイク落としから見直してみましょう。

メイク落としで気をつける点は、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、過度な角質や皮脂汚れは残しておくようにすることです。

一日最低2リットルの水を飲むことが健康な身体を作るとされています。お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がたまることでくすみやシミを引き起こしてしまいます。また、水分不足は水分不足の肌の原因となり、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?その具体例として挙げられるのは、最近になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが明らかになっています。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるという特徴があります。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、焦ってしまいますよね。

新陳代謝に優れた若い人たちの肌を見ると、ツヤがあってシミもなくキレイで、メイク映えしているので嫉妬してしまいます。これからでも頑張って若い肌を維持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアを心がけます。美容成分がたくさん入っている化粧水や、美容液を使うことで保水力をアップさせることができます。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、また、アミノ酸といった成分が含まれている化粧水や化粧品が良いと言えます。血流を良くすることも忘れてはいけないことですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血流を改善しましょう。

スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌に問題が発生します。そして、肌の乾燥も肌をトラブルから保護する機能を弱体化させてしまうので、保湿は必ず行ってください。しかし、余計に保湿を行っても悪いことになります。

かつて一世を風靡したガングロが今再び流行の兆しを見せています。

数あるスタイルの一つとして落ち着き始めたとも言えますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。みんなが同じってわけではないでしょうが、ガングロを卒業するとガングロではなかった人と比べて多くのシミが現れている傾向にあります。気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てかなりビックリしました。目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのかそのまま表しているように思えました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。どんなに疲れて帰宅しても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.