肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/09/25

潤いが不足する肌は、一日一日の丁寧な洗顔とその後

潤いが不足する肌は、一日一日の丁寧な洗顔とその後、潤いを閉じ込める作業を正しい方法でやることで、改善が期待されます。

日々化粧をしている方は、化粧落としから改めてみましょう。

メイク落としで気をつける点は、メイクをしっかり落として、それと同時に、肌にとって余分ではない角質や皮脂は肌から取りすぎないようにすることが大切です。お肌のシミ対策にパックは有効と言えます。

美白成分の他にも、保湿成分などを贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、お肌が透き通ったと感じるようになるでしょう。

思わず日焼けした時などに特に効果があり、その日すぐにしっかりケアすることで、シミの予防に有効です。

しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるというしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。

気になるしわをのばしてテープを貼り、しわのない状態をテープがなくても続くようにしたい商品のようです。

貼っている間は引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、貼った場所に赤みやかゆみを起こすこともあるようです。しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!みたいなことを避ける為にも、使用説明書をよく読んで、使用法を守りましょう。昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、嫌になってしまいますよね。

昔の自分のような若いきれいな肌をみると、輝くばかりにきれいで、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

これからでも頑張って若い肌を維持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日々の紫外線対策や肌の老化防止をしっかりしようと考えています。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、肌が薄くなることがわかっています。

肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっています。傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージが届いてしまいます。真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、シワやたるみが起こってしまうという訳です。どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌を刺激するような成分をできるだけ含まないものを大変重要です。保存料などは刺激が強くかゆみや赤みをもたらすことがあり、配合成分について、充分注意しましょう。何より大切なのは価格や口コミではなく自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。

オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に探してみてください。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。

乾燥肌の人は、お肌に優しい洗顔料を選択してよーく泡立てて、肌を強くこすらないようにしてください。

力を加えて洗うと肌にとって悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。加えて、洗顔後は欠かさず保湿をしましょう。化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて使用してください。プラセンタの働きを高めたいのなら、いつ飲むかを考えることも必要です。

ベストなのは、胃に空腹感を感じるような時です。

逆に、お腹がいっぱいの時は吸収率が低く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。

また、お休み前に飲むのもよい方法と考えられます。

人間の体は就眠中に機能が回復するようできているので、お休み前に摂取するのが効果的なのです。ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」と言われる酸です。

とても水分を保持する能力が高いため、サプリメントには、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。

加齢に伴って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。

顏のシワには困ったものです。できれば、消してしまいたい、と思ってしまいます。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、もしも日焼けをしてしまったのなら、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。朝晩の洗顔した後、その10秒間はスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。お風呂やシャワーを使った後やしっかり洗顔を終えた直後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

この、短く貴重な奇跡の時間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。

洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとり化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行いましょう。

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットを試してみると、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。

決して楽なものではないファスティングも、きれいになりたい気持ちがあるから頑張れたのですが、鏡をよく見てみると、どうやらしわが増えているようなのです。

しわの急な増加とファスティングが何か関係があるとは思っていませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。毎日2リットルの水分補給は健康な身体を作るとされています。お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。

老廃物が分解・代謝されなくなりくすみが目立つ原因となります。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでもそれなりには改善すると考えられます。

とはいえ、完全に奇麗にするとなると非常に大変でしょう。

ただし、望みがないわけでもないです。

美容外科であれば消し去ることができるでしょう。

もし、お悩みのシミがあるのならば、ためしに相談に行ってみる事をお勧めします。クリニックによっては、カウンセリングを無料で受け付けている事もあります。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。その主な症状の一つであるのが、最近、CMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが判明しているのです。

それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるといったことも他のシミとの大きな違いです。顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムがなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。

38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアして眠れば翌日には元気になっていたと思うのですけど、38歳以降元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミやソバカスのないお肌を作るためには、食べてほしいものの一つです。ただ、食べ方には注意しましょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、むしろシミが広がることもあるそうです。お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

代表的な特徴がその「抗酸化作用」です。

活性酸素の働きを抑えることで、シミの発生を抑えたり、紫外線のダメージを受けたお肌にできたシミを美白してくれるのです。

これは是非とも摂らなければと思う美肌の友ともいえるポリフェノールですが、効果を発揮できる時間は3、4時間と短いのも事実です。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。

アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老けて見られる原因であるシワやシミ・たるみといったことのゆっくりにすることができます。かといって、アンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化のほうが優ってしまいその効果を感じることはできません。

体の内部からのスキンケアということも忘れてはいけないことなのです。

スキンケアにおいては、肌を保湿することや適度なマッサージをするということも大切です。でも、内側からのスキンケアということが実はもっと重要なのです。

暴飲暴食や寝不足、喫煙を吸うといった生活をしていると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、肌の状態を良くすることはできません。

食事等の生活習慣を改善することで、体の内部からのスキンケアにつながります。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.