肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/05/24

毎日のスキンケアの基本的なことは、肌

毎日のスキンケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと肌の水分を保つことです。

肌に汚れが残っていると肌に問題が発生します。さらに、肌の乾燥もまた内側の水分が逃げていかないようにする機能を退化させてしまうため、絶対に保湿を行ってください。

でも、潤いを与えすぎることも肌にとってよくないことになります。ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに挑んでみて、3キロも減量することができたのです。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。しわの急な増加とファスティングがなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。

乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後の潤い補給を正しくやっていくことで改めることが可能です。お化粧をしない日はないというあなたには、メイク落としから見直してみましょう。メイクを落とす上で気をつけるコツは、化粧を残りなく落とした上で同時に、肌を守ってくれる角質や皮脂は無くしてしまわないようにすることです。

ガングロというと懐かしいような気もしますが、今また流行の気配です。一つのスタイルとして根付きつつあるとも思えますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。

大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロを卒業すると普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。近頃、ココナッツオイルをスキンケアに生かす女性が激増しているようです。

化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、スキンケア化粧品に混ぜて使うなど、使い方は様々。

メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている、という方も。

当然、毎日のお食事に加えるだけでもスキンケアに効果があります。ただ、品質はとても重要ですので十分に気を使って選んでくださいね。

ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」と言われるゲルのような性質を持つ成分です。

とても保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が入れられています。

加齢に伴って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。

また、酒粕はパックとして使え、美白に良いといわれています。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになればパックとして使えます。もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。

お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためにはビタミンCの力は欠かせないので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取することが可能なので、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを抑制する効果があります。

スキンケアで特別考えておかないといけないことが適切な洗い方です。きちんとメイクを落とすことで肌の状態を清潔に保たないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。

しかし、洗う際に力が強すぎると、肌を正常に保つに必要な皮脂を落としてしまって、カサつきの肌になってしまいます。そして、きちんと汚れを落とすこととは何も調べずにおこなうのは危険で、肌にとって一番いい方法で行って下さい。お肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。オリーブオイルでメイクを落としたり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。そうは言っても、良質なオリーブオイルを塗らなければ、皮膚の状態に何か支障が出ることもあります。そして、何か起こった時にも即、使用をとりやめるようにしてください。

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、焦ってしまいますよね。

若者のピカピカの肌を見ると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、日々の紫外線対策や肌の老化防止を心がけます。スキンケアのための化粧品を選ぶ際には、お肌にとって刺激的な成分がなるたけ含んでいないということが一番のポイントです。

例えば保存料などは大変刺激が強くかゆみや赤みをもたらすことがあり、成分表示を、よく確認しましょう。

また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。

若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといってスキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?意外かもしれませんが、20代の肌にも条件が揃えばシワはできます。

シワが発生する、その主な原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、それに加えて、日々のダメージの蓄積がじわじわと肌に影響を与えます。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見てびっくりしてしまいました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを形にして見せられたように感じました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どれ程疲れていようが、家に帰ったら今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、お肌を守ってあげよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

とにかく、力を入れすぎないようにし、ソフトにまあるく円を描くようにする、それが理想です。

けれども、現実には、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。

例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によってそれぞれ違いが見られます。それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があるのです。

詳しくお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

簡単な見分け方は、日焼けした時に黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美しい肌はそれだけ繊細なものです。

加齢に伴ってシミができてしまったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、いろいろな病気が原因の可能性もあります。

例えば、急に日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、病気の前兆を意味していたり、病気が進行している状態という可能性もあるので、早急にクリニックへ診察を受けに行ってください。洗顔の後の保湿は、水分不足の肌を予防・改善する上で大事なことです。これを怠ることでますます肌が乾燥してしまいます。

そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。さらに保湿効果のある入浴剤を使用したり、お湯をあまり高温にしないというのも非常に有効です。

コラーゲンの最も有名である効能は美肌になるという効果です。コラーゲンを摂取することで、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌のハリなどに効果を与えます。

体の中のコラーゲンが不足すると老化が一気に進行するので、若々しい肌を維持させるために積極的に摂取すべきです。

くすみが目立つ大きな原因として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと自分に合った美白化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化したといいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。芸能人の肌をテレビで見るとシミも存在しないほど、美しいことがほとんどです。

とはいえ、芸能人もヒトですから、本当のところは、肌の不調もつきものなのです。たくさんの人から見られる仕事ということもあり、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には気にかけているのではないでしょうか。

その方法に注目してみると、美肌を目指せるでしょう。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.