肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/07/27

夏は誰でも肌を守ろうと努力してい

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。こういった時期、肌の乾燥にはとても気を付けています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。

乾燥は軽く考えてはいけません。

この危険な時期、大事なスキンケアは入念に行うようにしていますが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルもいろいろありますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。スキンケア真っ最中にちょっとした発見がありました。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線が目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれど周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。スキンケアといえば美容クリニックを利用する方もいらっしゃいますが、果たして効果があるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。

高価な機器などを使用して特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取って保湿してくれます。

肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。

若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますがスキンケアを全くしないで、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。シワがなぜできるのかというと、その原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、とりわけ、それらが日々積み重ねられていくというのが肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。

美白だけでなく、シミを消したいならば、シミができた原因や、必要な対策を十分理解してください。化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと肝に銘じてください。

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスしてちゃんと泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。力を加えて洗うと肌にとって悪いので、優しく洗うのがコツです。加えて、洗顔後は欠かさず保湿をするようにしましょう。

化粧水だけに限らず、乳液、美容液、クリームなども場合によって使ってください。

お肌の調子は、肝臓と密接な関係があります。

肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を無害にしているのです。

肝臓での解毒が十分でないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康美を高める重要なポイントです。

水分不足の乾いた肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

また、皮脂を必要以上に落とさないというのも重要なことです。

必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうと肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

顔を洗うときのお湯の温度はヒリヒリするような熱さではダメです。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。

くすみのない透明感のある明るいお肌に生まれ変わりたいという方は洗顔方法によって改善できるかもしれません。毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。

悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。

明るい肌作りの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったもので泡で撫でるようにして洗ってください。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると効果倍増です。お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。何にしても、力を加減することが大切で、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!というのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により使い分けることが大切です。365日全くかわらない方法でスキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえばいいわけではありません。

乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。また、四季の変化にもあうように変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。

毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮が守っている真皮も弱って、役割りを全うできなくなります。結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、シワ、たるみが増えるわけです。

こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢を原因として消えていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

顔に限定しますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、乾燥の影響が大きいようです。部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に気を付けましょう。では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、とにかくまめな保湿を心がけることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。

持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。出産を終えても当分の間、女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったこともよく目立つために、悩む人は多いです。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えた途端、急にその量を減らし、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。この模様、キメが美しい肌というのは皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。保水機能が低くなると肌のトラブルを抱え易くなってしまうので、気を配ってください。

では、保水力を上向きにさせるには、どのような肌のお手入れを学べば良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、美容によく効く成分を含む化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、思い切って毎日摂っている食事を変えてみるのもいいでしょう。毎日毎日の食べ物が変わると、肌も目で見てわかる程の変化をします。それによりシワ、シミなどの肌トラブルの改善も期待できます。

なにしろ私たちの身体は、毎日摂り続ける食べ物によってできているのですから。家で一人でチャレンジできる方法としては、なかなかレベルの高いアンチエイジングだといえるのかもしれません。

何らかの効果は必ずありますから、それが肌に表れるのを楽しみに待ちましょう。一日に2リットルの水を飲むと健康に役立ちます。

そして、お肌にとっても水分は欠かせません。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物や有害物質がお肌にたまって、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。洗顔の後の保湿は、水分不足の乾いた肌を予防・改善する上で大切なことです。おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥させてしまいます。

また、クレンジングや化粧用品も保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。

これ以外にも保湿効果のある入浴剤を使ったり、お湯をあまり高温にしないというのも非常に有効です。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。

原因はよくわかっていて、太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

幼い我が子とほとんど毎日、公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごします。身支度はもちろん、子供が最優先です。そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも対策すべきでした。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.