肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/07/27

スキンケアで基本であることは、汚れを落としキレイに

スキンケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることと肌に水分を与えることです。

しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌に悪影響が生じる原因となります。そして、肌の乾燥も肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうことになるため、保湿は必ず行ってください。しかし、余計に保湿を行っても肌にとってよくないことになります。美白効果を期待して、輪切りのレモンを顔に乗せて、しばらくおいてパックをすることが一時期流行っていましたがお肌には悪影響しかないので、決して行ってはいけません。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。

シミをできにくくする効果をレモンのビタミンCで期待するなら、毎日の食事で、欠かさず食べるようにしてください。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、それだけで肌は薄くなるそうです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりとなっています。引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷を受ける確率が高まります。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、こうしてシワやたるみは生まれます。

スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするといったことがまず重要視されます。

しかし、内部からの肌への働きかけはより重要なことなのです。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などは、どんなにいい化粧品を使っていても、充分に活かすことができません。毎日の生活習慣を改善することにより、肌を体の内部からケアすることができます。

カサつきする肌は、毎日の洗顔の積み重ねとその後、潤いを閉じ込める作業を間違いなく行うことで、改善が期待されます。

週7日メイクをされる人の場合には、化粧落としから改めてみましょう。メイクを落とす上で気をつけるコツは、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌に不要な汚れ以外の角質や皮脂は肌から取りすぎないようにすることが大切です。

シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、シワはこうやって増えていくわけです。目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。

そのためここは他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは足りなくなっていくので、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡を見ながら考え込むようにしたら、欠かさず毎日食べている、食事の内容を変えてみるのがいいかもしれません。毎日摂る食事を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。こうしてシワ、シミその他の肌トラブルも徐々に改善に向かうでしょう。

なにしろ私たちの身体は、毎日摂り続ける食べ物によってできているのですから。ですから、食べる物を変えると身体も当然変化します。

身体を根本から変化させる可能性を持つこの方法は、地味ながら確実なアンチエイジングだといえるのかもしれません。食事により、身体の根本からアプローチするこの方法は、効果はゆっくりですが、必ずあらわれてくるはずです。

緑が鮮やかな緑茶は、カテキン豊富な食材です。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCが体内で有効に働くようにしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取することが可能なので、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを予防してくれるのです。

様々な美白成分の中でも、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。肌の透明感にかかせないメラニンの生成を抑制する効果があります。

そして、美肌に欠かせない成長分子を持っているため、細胞の入れ替わりが活発になり、不必要な角質とともにシミもとれやすくしてくれます。その他の効果としては、コラーゲンの生成を高めるので、美肌ケアとしていいですね。欲張りな女子にはもってこいでしょう。

「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても同じです。

本当に肌を白くしたいと思うのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。

タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。

喫煙すると、美白にとって不可欠なビタミンCが減ってしまいます。以前、大人気だったガングロが今再びブームが起こりそうな気配です。一つのスタイルとして浸透し始めた感もありますが、懸念されるのはお肌のシミです。大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロをやめた後はガングロではなかった人と比べて多くのシミが現れている傾向にあります。多くのメーカーから、美白化粧品が売り出されています。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずは自分のシミは何が原因なのか知ることが大切です。自分のシミに効き目がある化粧品を選ばないと、むしろお肌にダメージを与えることもあります。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、お肌の健康を考えた生活習慣を築いていくことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと断言できます。冬が来ると冷えて血行が悪くなります。

血のめぐりが悪くなると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。

そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血のめぐりが改善されれば、代謝がよく活動し、綺麗な肌をつくるようになります。美容の成分、ヒアルロン酸は人間の体内にも含有されているタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」と言われるゲル状のものです。

並外れて保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、大体、間違いなくヒアルロン酸が含有されています。

年を重ねるに従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。

かさつく肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正確な方法を理解しておきましょう。

まず、洗いすぎはタブーです。皮脂が気がかりになるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと肌がかさかさしてしまいます。

反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝と夜の2回で足ります。

コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌になるという効果です。

コラーゲンをとることによって、自分の体内にあるコラーゲンの代謝が活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることでお肌の老化が著しくなるので若々しい肌を維持させるために摂取されることをおすすめします。重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、肌の汚れがきれいになり、シミが気にならなくなったとインターネットで話題になっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。

重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。

洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いですから、力を入れて洗わないよう気を付けてください。そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、充分な保湿を心掛けることが大切です。

全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。

毛細血管は、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、そうなると肌表面はシワが増え、たるみも目立ってくるのです。

健康的な肌を保つためには、禁煙した方が良いでしょう。

糖質を摂り過ぎるのは注意が必要です。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化が加速してしまう糖化物質が生み出されるのです。真皮でコラーゲンが糖と反応すると、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。スキンケア、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

肌に水分を与えましょう。もし、美容液を使うときは化粧水の後です。その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかりと水分を与えてから乳液やクリームでフタをしていくのです。

スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にちょっとした発見がありました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.