肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/09/25

肌のお手入れといえばオイル!という女性も最近

肌のお手入れといえばオイル!という女性も最近よく耳にします。普段のスキンケアにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力をグンと上げることができると話題です。選ぶオイルの種類によっても違った効果が表れますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のオイルを探してみてください。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮さも非常に大切です。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。

私の場合は原因がはっきりしていて、太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、雨降りの日以外は毎日仲良く近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。

コラーゲンの最も有名である効能は美肌に関しての効果です。

コラーゲンをとることによって、体の中にあるコラーゲンの代謝が活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。

体内のコラーゲンが足りなくなることで肌が老化してしまう原因となるので、出来る限り若々しい肌で居続けるためにも摂取されることをおすすめします。肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。

目の下の部分などは特にシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが加齢によってなくなっていくと、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。

顏の部分だけみてみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。

スイーツに目がないという方はちょっと考えてください。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。体内で糖分がタンパク質と反応し、老化の進行を加速させる糖化産物を生じてしまいます。コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやしわ、たるみを引き起こしたりすることを招いてしまいます。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。

美白成分及び保湿成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンの生成を抑える役割を果たしてくれ、肌がワントーン明るくなるでしょう。

つい日焼けした時には大変有効で、その日すぐにがっちりケアすれば、シミの予防に有効です。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミのない美肌をつくリ出すためにおすすめの食べものです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘系の果物に特に多く含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

美肌効果をねらうのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法はさまざまな方法に切り替える必要があります。

かわらない方法で毎日の、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればそれで大丈夫というわけではありません。

乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように分けておこなっていかなくてはならないのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは十分な保湿です。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。

クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまって乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。

顔を洗うときのお湯の温度は熱すぎるお湯では洗顔料と一緒に皮脂も落ちてしまうので気をつけてください。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔方法も再度確認してみてください。

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

よくいう「キメが整った肌」は皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥し、荒れると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。

しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはもっと重要です。

不規則な食事や睡眠、タバコを吸っていたりすると、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。

生活のリズムを整えることにより、体の内側からスキンケアを行うことができます。

いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になると乾燥してしまうこともあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液をつけるようにしましょう。

冬になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。そうやって、きちんと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬の肌の手入れの秘訣です。

スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌の湿度を一定に保つことです。

しっかりと汚れを落とせていないと肌に問題が発生します。

また、肌が乾燥してしまうことも外部の刺激から肌を守る機能を退化させてしまうため、絶対に保湿を行ってください。

でも、潤いを与えすぎることも肌のためにはなりません。

もしあなたがプラセンタの効き目を高めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。

一番効くのは、お腹がすいた時です。それに対し、満腹時は吸収率が低下し、摂取しても効果が十分表れないこともありえます。また、寝る前に飲むのもいいでしょう。人間の体は就眠中に機能が回復するようできているので、就眠前に摂取すれば効果も高まるのです。一時は大ブームとなったガングロですが、今またブームの予感です。

数あるスタイルの一つとして浸透し始めた感もありますが、心配なのはお肌のシミです。大丈夫という人もいるかもしれませんが、やはりガングロ卒業後には普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。

美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。

シミ対策としては、第一にシミができたのはなぜか、どのような対策が必要なのか把握することが必要です。化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。医師の指導に従って、服薬やレーザー治療を受けることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことがシミを薄くし、健康な白い肌へと導く方法だと肝に銘じてください。スキンケアで気をつけることの一つが適切な洗い方です。メイク後の手入れをきちんとしないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。

しかし、クレンジングに念を入れすぎれば、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、肌荒れの原因になってしまいます。

そして、きちんと汚れを落とすこととは何も調べずにおこなうのは危険で、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがそれなのに、ついつい力いっぱいごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。

なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、というのが理想的なやり方ですが、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。

肌は肝臓の窓だと言えます。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通してつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、懸命に解毒をしているのです。

肝臓の働きが阻害されると、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、肌の調子を乱していくのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌を内面からキレイにするキーポイントなのです。

当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。

このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳以降肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康に役立ちます。そして、お肌にとっても水分は欠かせません。水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がお肌にたまって、シミやくすみを悪化させてしまいます。また、水分不足は乾燥肌の原因となり、お顔にシワやほうれい線も増加していくのです。水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.