肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/05/24

芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たら

芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。

そうはいっても、我々と同じヒトですので、本当はお肌の悩みからは逃れられないのです。言うまでもなく、人前に出ることが仕事ですから、普通の人とは比べようのないくらい、その対策には気を使わざるを得ないでしょう。

芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、美肌を目指せるでしょう。アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが進行を遅くすることができます。しかし、アンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣が乱れていれば、肌の老化のほうが優ってしまいあまり効果はわからないでしょう。

身体の内部からお肌に働きかけることも重要ではないでしょうか。

ビタミンCは美白作用があるということで、スライスしたレモンをお肌にのせてレモンのパックにするのが以前流行りましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、すぐに止めましょう。

レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

シミを改善し、美白する効果をレモンに期待するのなら、毎日の食事で、欠かさず食べるようにしてください。

もしあなたがプラセンタの効き目を高めたいのなら、いつ摂取するかも大切です。最も効くのは、空腹の場合です。

一方で満腹の時は吸収が悪く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。後、就眠の前に摂るのもよいかと考えられます。

人の身体は睡眠中に修復・再生が行われるので、眠る前に飲むとよく効くのです。

できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。貼りつけて気になるしわを取るしわ取りテープですが、実は以前、テレビでコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に紹介されており、その人自身も愛用しているということした。気になるしわをのばしてテープを貼り、しわのない状態をテープがなくても続くようにしたい商品のようです。

貼っている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。エステはシェイプアップだけではなくスキンケアとしても利用できますが、専用クリームなどを使ったハンドマッサージやエステ用に開発された機器などで自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして肌をしっとりと蘇らせてくれます。

滞りがちな血行もスムーズに流れますから新陳代謝も進むでしょう。

実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人が肌の状態が生き生きしてきたと感じています。もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいそうです。もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌を見て血管が薄く透けて見えている人は、それだけ薄い方だと思っておいていいかもしれません。なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというと皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。

すぐに乾燥し、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

シミだらけのお肌になってしまったら、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。年齢を重ねるにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、これくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、日焼け対策は怠ってはいけません。

手軽な日焼け止めや帽子といったものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、進んで摂るようにしてください。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、肌が薄くなることがわかっています。というのも、肌の一番外側に位置する表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にも損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、それでシワやたるみが起こるのです。お肌を美しく保つために最も重要なのはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。

肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌にトラブルを招きみずみずしさを失わせてしまう、要因になるわけですね。

お肌をいたわりながら洗う丁寧に漱ぐ、大切なことを意識して洗う洗顔を行いましょう。

少し前にガングロが流行りましたが、最近になって再び、流行の兆しを見せています。一つのスタイルとして定着を見せ始めた感じもしますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。

人それぞれですが、ガングロをやめた後はより多くのシミが通常の場合より目立つようです。

最も有名なコラーゲンの効果といえば、美肌に関しての効果です。

コラーゲンを摂取することにより、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝の働きが活発になり、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。

実際、体内のコラーゲンが足りなくなると老化が一気に進行するので、可能な限り、若々しい肌を維持するため積極的に摂取すべきです。個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

なにしろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。

でも、38歳以降肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。保湿はもちろん、美白に有効な成分がたくさん配合されたフェイスパックをすることで、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、肌に透明感を出してくれます。

思わず日焼けした時などにとりわけ効果的で、帰宅してすぐに、ちゃんとケアをすることにより、シミが予防できます。

どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、肌に刺激を与えるようなものができるだけ含まないものを一番大切です。保存料などは刺激が強くかゆみや赤みを引き起こしがちで、成分表示を、きちんと確認しましょう。

また、安いからといって安易に選ばず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。

くすんだ肌が気になってきたときにはもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。

毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。

洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でしっかり泡立てて洗うことです。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると効果倍増です。

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、美肌効果も期待できます。

酒粕パックは手軽にできて、くすみを軽減すると言われています。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ加えながら柔らかくし、すりつぶして固まりが残らないようにします。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、ダマがなくなれば酒粕パックができます。もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。寒い季節になると冷えて血がうまくめぐらなくなります。

血のめぐりが悪くなると肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がけることが大事です。

普段から、血のめぐりが良くなれば、新陳代謝が活性化され、綺麗な肌をつくるようになります。

スキンケアで一番大事なことは余分なものを落とすことです。

メイク落としをしっかりしないと荒れた肌を他に人に見せる結果になるかもしれません。でも、ごしごしと洗っていると、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、肌荒れの原因になってしまいます。

また、洗顔は自分なりの方法ではなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわがあまりできないのではないか、ということです。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃には細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

肌荒れが気になる時には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、細胞と細胞とを糊のように繋いでいるわけです。

表皮を健康な状態に維持する防護壁のような働きもあるため、十分な量が存在しないと肌の状態が荒れてしまうのです。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.