肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/06/25

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は美肌効果のあるローズヒップティーです。酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍の肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりで内側からメラニン色素ができないようにして、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、肌に輝きを取り戻してくれるのです。

強力な抗酸化作用も持っていて、アンチエイジングにも有効です。一日最低2リットルの水を飲むことが全身の代謝を促進すると言われます。もちろん、お肌にも水分補給は必要です。体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物が排出されないため、シミやくすみを悪化させてしまいます。また、肌の奥から乾燥して、くすみばかりかシワも目立ってしまいます。

日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。いわゆるスキンケアを何もせず肌由来の保湿力を守っていくいう姿勢です。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

クレンジング無しという訳にもいきません。

クレンジング後、ケアをしてあげないと肌はみるみる乾燥していきます。週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。代表的な特徴がその「抗酸化作用」です。活性酸素による害から守ってくれて、シミからお肌を守ったり、いつの間にかできていたシミを目立たなくしてくれます。

効果としては文句なしの抜群の美肌成分「ポリフェノール」ですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。

スキンケアには、肌を保湿したり、適度なマッサージをするということも大切です。しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることは同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。

偏った食生活や寝不足、喫煙などが重なると、どんなにいい化粧品を使っていても、充分に活かすことができません。

食事等の生活習慣を改善することで、体の内側からスキンケアを行うことができます。個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、巨大なクマやほうれい線が激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアして眠れば翌日には復活を遂げていたはずなのですが、38歳以降元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアをほぼ放棄して、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。

シワがなぜできるのかというと、その原因は肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌への影響を大きくします。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねてほしいと思います。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そもそもシミとは何なのかというと、表皮に現れたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。

お肌のターンオーバーを正常化することでシミを薄くすることが期待できますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらにその効果が期待できます。

ただし、過剰なピーリングを行うと、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。

スキンケアといえばオイル!という女性も増えてきているのではないでしょうか。毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。

様々なオイルがあり、種類によってもいろいろと効果が変わってきますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のオイルを使ってみるといいでしょう。また、オイルの効果は質によって違いがありますので、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。

ホワイトニングに欠かせないものは何かといえば、実にたくさんありますが、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。シミの原因ともなるメラニンの生成を抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。

また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、細胞が次々と生まれ変わり、古い角質だけでなくシミも一気にはがれやすくしてくれるのです。

年をとってくると減少してくるコラーゲンまでも作りやすくしてくれるので、お肌のお手入れとしてバッチリですね。

女性にとってこんな嬉しいことはありません。もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドとは角質層において細胞の間で水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。

角質層は複数層の細胞から作られていて、、細胞と細胞とを糊のように繋いでいるわけです。

表皮の健康を保持するバリアのような機能もあるため、必要量を下回ると肌荒れが発生するのです。

肌のくすみを改善したい方は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料できめ細かい泡を立てて洗います。

ピーリング石鹸を週一回くらいの割合で使うとくすみの改善につながります。肌のお手入れで忘れてはいけないことはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。洗顔で誤ったやり方とはお肌にトラブルを招きみずみずしさを失わせてしまう、原因となります。

肌を傷つけないように優しく洗うしっかりとすすぐ、大切なことを意識して洗う洗顔を行いましょう。

「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」と言う話をよく耳にしますが、それはお肌についても言えることです。

本当に肌を白くしたいと思うのなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。

喫煙すると、美白に重要なビタミンCが減ってしまいます。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットをしてみたところ、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

しわの急な増加とファスティングが何か関係があるとは思っていませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もその機能を落としてしまいます。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、シワ、たるみが増えるわけです。喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。

元々、お肌が乾燥しにくい人でも冬になるとお肌がカサつきになるケースもありますから、、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水をつけたり、乳液を合わせてつけると良いでしょう。

特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。しっかりと肌を潤わせることと血をよくめぐらせることがこの季節のスキンケアの秘訣です。

乾燥する肌は、日々の洗顔とその後、潤いを閉じ込める作業を正しい方法でやることで、改めることが可能です。

どこに行くにもメイクをされる方の場合には、化粧を落とす工程から見直しましょう。

クレンジングで大切なことは、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌にとって余分ではない角質や皮脂は残しておくようにすることです。

スキンケア家電が実は評判になっているんです。外に出かける必要も、時間をわざわざ作る必要もなく、フェイシャルコースをエステに行って施術してもらうような肌メンテナンスだって難しくはないのですから、チェックを入れる人数が多いのも頷けます。

商品を手に入れたのだとしても煩わしさを感じて、使用頻度が落ちてしまうケースもあったりします。いち早く購入に走るのではなく、使用方法が自分に向いているかどうかも調べてみることが大切です。

肌のスキンケアにも順番というものがあります。

きちんと順番通りに使わないと、なんと肌のお手入れの効果はほとんど得られません。

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌を潤しましょう。美容液を使う場合は化粧水の後になります。それから乳液、クリームと続きます。

水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。スキンケア真っ最中にちょっとした発見がありました。肌が柔らかい状態でいる場合しわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はなんとかならないものか、と思っていたのですが炭酸パックを試し始めてしばらく経ち、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.