肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/07/27

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。キメが細かくよく整った肌は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。

密かな流行の品としてのスキンケア家電があります。

外に出かける必要も、時間をわざわざ作る必要もなく、フェイシャルコースをエステで経験する時にも似た肌メンテナンスだって難しくはないのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。

商品を手に入れたのだとしても面倒くささが先に立って、使う手が滞りがちになってしまうなんてことも。いち早く購入に走るのではなく、面倒に思うことなくずっと使い続けられるのかも確認すれば、後悔することはありません。肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝の乱れが挙げられるといったデータもあります。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルがあるようです。

中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。例えばマッサージに利用するのもありですし、何滴かをスチームの中にまぜて利用するのも一つの手段です。

冬になると空気が乾いてくるので、肌の水分も奪われがちです。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌トラブルの要因となりやすいので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水を普段よりしっかりと行うようにしてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは「乾燥させない」ということが大切です。

ここ数年の間急激に、自分のしわがどうにも気になり、焦燥感を覚えています。

中でもつくづく困り果てているのが目尻にできたくっきりした笑いじわです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、クリームを塗り重ねたりして、とにかく保湿を一番大事にするように頑張っています。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする重要な栄養素です。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする役割を持っています。このような働きがお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を持っています。

シミ対策のために、毎日食べたいものです。

お肌にできるシミには加齢が原因であったり、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、疾患がきっかけとなる場合もあります。もし、いきなり日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、病気の前兆を意味していたり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、至急、病院で相談する必要があります。顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で大切なことです。

ここをサボってしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものを使用してください。これに限らず保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、お湯をあまり高温にしないというのもドライスキンに効果的です。

シミなどのお肌の悩みが年をとるとともに多くなっていくのは、焦ってしまいますよね。

昔の自分のような若いきれいな肌をみると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、妬みたくなってしまうのです。今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミを今以上に増やさないようにしたいです。シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを心がけます。

たくさんのシミが肌にあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。

加齢に伴って、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、できるだけ摂るようにしましょう。

毎日のスキンケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと肌の湿度を一定に保つことです。

肌に汚れが残っていると肌に問題が発生します。

そして、肌の乾燥も肌を守っている機能を退化させてしまうため、乾燥させないようにしてください。

しかし、保湿しすぎるのも肌にとってよくないことになります。

肌のお手入れには順序があります。

ちゃんとした順番で使わないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。洗顔の後は、まず化粧水。肌に水分を与えましょう。

スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後です。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。冬になると冷えて血のめぐりが悪くなります。血液の流れが良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、新陳代謝がくずれてしまいます。そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がける必要があります。

実際血液の流れが良くなることで、体の新陳代謝が良くなり、健康的な肌がつくりやすくなります。

かつて一世を風靡したガングロが再度、流行の気配です。一つのスタイルとしてなじんできたのかもしれませんが、懸念されるのはお肌のシミです。

誰でもではないと思いますが、やはりガングロ卒業後にはガングロではなかった人と比べて多くのシミが目立つようです。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。特にわかりやすいところは目の下でシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。肌の瑞々しさ、張りやツヤが加齢と共になくなると、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

顏の部分だけみてみますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、肌の汚れがきれいになり、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。精製のレベルによって重曹は、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、ごしごし洗うのは避けましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、たっぷりと潤いを与えてください。シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。

美白だけでなく、シミを消したいならば、自分のシミは何が原因なのか把握することが必要です。

どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければ肌荒れや白斑の原因になってしまいます。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることが健康な白い肌への最初の一歩だと頭に置いておいてください。

水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後、潤いを閉じ込める作業を正しくやっていくことで改善が期待されます。お化粧をしない日はないというあなたには、化粧落としから改めてみましょう。化粧落としで大切なことは、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に過度な角質や皮脂汚れは取り去らないようにすることです。皮膚にできたシミを気にしている人も多いと思います。

皮膚に現れたシミに効き目があるとされている食材の一つとしてはちみつが挙げられます。あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分にはシミの色素を薄くする効果があるので、気になるシミとかそばかすなどを改善してくれます。

シミが目立って嫌だなと思ったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを演出してくれますが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安と思っている女性も少なくありません。

今よりシミが増えたら困るのなら、ほとんど日焼けをしない生活を目指してください。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、しっかりと日焼止めを塗ることです。また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、炎症を抑えてください。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.