肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会

秋から春にかけてといえば肌のカサつきによるニキビや吹き出物など肌トラブルはつきものですよね。もちろん水分不足や油分不足はお肌にとって大敵!シミやしわや毛穴の問題などの原因になるんですから。すっぴん美人を目指すコスメを研究します。

更新日:2017/05/24

女性の中には、肌のお手入れなんて今までした事が無い

女性の中には、肌のお手入れなんて今までした事が無いという人もいるようです。スキンケアは全く行わず肌天然の保湿力を持続させて行く考えです。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

クレンジングは必須ですし、クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の水分は奪われていきます。気分によっては肌断食もいいですが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、嫌になってしまいますよね。

若者のピカピカの肌を見ると、輝くばかりにきれいで、メイク映えしているので嫉妬してしまいます。

これからでも頑張って若い肌を維持して、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングをしっかりしようと考えています。美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、悩んでいたシミにも目立たなくしてくれます。

これは是非とも摂らなければと思う強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、その効果は約4時間と短時間しかありません。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を与えられることが多いですが、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌と考える女性も多いでしょう。

シミができるのが嫌なら、ほとんど日焼けをしない生活を目指してください。

シミ予防のポイントといえば、日焼け止めをきちんと塗ること、あとは、帰宅してからのケア。

速やかにローションなどで炎症を抑えてください。

化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えます。もし、美容液を使うときは化粧水の後。

最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、肌の水分を補ってから乳液やクリームでフタをしていくのです。顔を洗った後の保湿は水分不足の肌を予防・改善する上でなくてはならないことです。

おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥させることとなってしまいます。

そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿力のあるものにする必要があります。

ほかにも保湿効果のある入浴剤を使ったり、熱いお湯を使わないというのも乾燥肌に有効です。

甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を加速させる糖化物質が生み出されるのです。

お肌のコラーゲンが糖と結合することで、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみを引き起こしたりすることが心配されます。

洗顔を終えたばかりの10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、乾ききった砂漠のような状態だと考えてください。

短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。

美白成分及び保湿成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンを作りにくい状態にし、肌に透明感を出してくれます。

思いがけなく日焼けした際にとりわけ効果的で、その日すぐに適切にケアを行えば、シミ予防に効果があります。

皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。

メイク落としにオリーブオイルを塗っているとか、マスクのように包み込んでみたり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。

ただし、良いオリーブオイルをつけないと、お肌に悪い影響があるかもしれません。

そしてまた、自分には違うなと思った時もただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますがスキンケアを全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。シワができる原因は主に肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが肌への影響を大きくします。そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。手軽で効果も高いシワ対策といえばおそらくパックでしょう。長い一日を終えて、パックで肌を労わってあげる一息つける時間です。

パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。作り方はかんたんです。

市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみお肌にのせたら少し休みましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。こうして肌は弾力を失い、そうなると肌表面はシワが増え、たるみも目立ってくるのです。

喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。

肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、いろいろな病気が原因の可能性もあります。もしも、突然目に見えてシミが増えたようであれば、何らかの病気を予兆していたり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、できればすぐにクリニックで診てもらうことをお勧めします。

お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるということを、ご存知でしたでしょうか。

シワができやすい自覚のある人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かもしれません。

なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリツヤが失われます。

また年を取るに従って肌はどうしたって薄くなっていきますから、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。この危険な時期、大事な肌のお手入れはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えて美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も最近多くなってきています。

普段のスキンケアにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力をグンと上げることができると話題です。オイルの種類を選ぶことによってもいろいろと効果が変わってきますので、適度な量の最適のオイルを探してみてください。

さらにオイルの質もとても大切ですし、フレッシュなものを選びたいものです。仕事と生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡に映った自分の姿を見てびっくりしてしまいました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをはっきり映っていました。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どんなに疲れて帰ってきてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、お肌を守ってあげよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。肌のくすみが目立つ原因として過剰な糖分が起こす害を考えましょう。お菓子でお腹を満たしているとどんな化粧品を使っていてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが十分でなくなっています。コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンの糖化と考えましょう。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてください。

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、様々なトラブルに見舞われます。中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルは珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後、急激に減少し、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えた肌のお手入れに努めましょう。とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

「お肌のためには、喫煙は厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白に関しても同じです。もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。その理由として第一に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。

喫煙してしまうと、美白にとって重要なビタミンがなくなってしまいます。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

2008 肌のカサつきは水分不足!NO乾燥肌すっぴん美人コスメ研究会 All Rights Reserved.